ホームマシニング加工材料販売設備紹介匠!マテリアルメディア掲載
匠!マテリアル
HOME > 匠!マテリアル > 品質マネジメント(航空・宇宙産業セクター)規格JIS Q 9100

品質マネジメント(航空・宇宙産業セクター)規格JIS Q 9100

マテリアルの考える品質マネジメントシステム  

2011年 9月、JIS Q 9100規格認証を取得致しましたこと、ご報告いたします。

お客様に、さらにご安心頂くために

すべてはお客さまのためにすべてはお客さまのために 
JIS Q 9100 規格は、ISO9001のセクター規格の一つです。JIS Q 9100規格では、航空機・宇宙航行体・防衛業界特有の要求事項とその適用方法について具体的に規定されています。

弊社ではこのJIS Q 9100規格認証取得以前より独自にトレーサビリティを確立しており、お客様のご要望に沿った高品位のものづくりを進めて参りました。


この度、JIS Q 9100規格認証を取得しましたことで、改めてお取引頂いております
お客様にさらなる「安心」「安全」を提供していきたいと考えております。
今後もお客様がご依頼をくださった時のために、確かなセキュリティを確保できる
体制づくりをさらに進めて参ります。

 

マテリアルが具体的に実施しているトレーサビリティ : Webカメラ50台稼働

”5S活動”から”改善活動”へ弊社では、合計50台のWebカメラを稼働させており、設備稼働状況を確認したり、事故予防・防犯対策を継続しています。

 

 

 

マテリアルが具体的に実施しているトレーサビリティ : バーコードによる工程管理

”5S活動”から”改善活動”へトレーサビリティを実施に必要なバーコード管理。
弊社でももちろん導入しています。
作業完了時毎に都度バーコード入力することで、「いつ」「誰が」「どの作業工程を」完了させたかをトレースできます。

 

マテリアルが具体的に実施しているトレーサビリティ : ホワイトボードでの進捗管理

”5S活動”から”改善活動”へお客様のご要望に対して、弊社生産管理担当が製造部門と確認し、調整した内容をホワイトボードで日々管理しています。
ホワイトボードで管理することで、リアルタイムに変動する設備稼働状況を都度明確にし、緊急対応・先行手配(フォーキャスト)などのご要望にお応えしています。

 

マテリアルが具体的に実施しているトレーサビリティ : 5S活動と識別

”5S活動”から”改善活動”へ”5S”とは「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つの事で、最近は国内にとどまらず海外企業でも大いに利用されています。

トレーサビリティを実施するうえで、5S活動だけでなく、「識別」も非常に重要です。加工製品の状態を、目視ではっきりと判断できるように、識別を行っています。
誰が見ても状態がわかるようにすることで、ヒューマンエラーを限りなく「0」に近づけ、また、万一エラーが発生した時「どこで」「何が」「どのように」起きたかを明確にできるようにしています。

 

改善活動の継続

”5S活動”から”改善活動”へ万が一にも不適合品を発生させないために、外観不良・精度不良を起こした現場を必ず特定し、原因を判明させていち早く是正措置を考案しています。

また、内容を必ず全員に周知させることで二度と同じ事を繰り返さないようにします。

 



ページトップへ